働きながら転職活動を進めることのメリットについて

[アフィリエイト広告を掲載]

転職活動には、働きながら進めるケースと、現職を辞めた後に行うケースがあります。

また、多くの方は、働きながら新しい職場を探し、内定をもらったタイミングで現在の勤務先に退職の旨を伝えます。

では、働きながら転職活動を進めることには、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

金銭面の不安が少ない

働きながら転職活動を進めるメリットとしては、まず金銭面の不安が少ないという点が挙げられます。

現在の勤務先を退職した後でも、失業保険という形で金銭を受け取ることはできますが、こちらは自己都合の場合、給付されるまでにはある程度時間がかかります。

また、一切貯蓄がない方の場合、失業保険だけで数ヶ月間生活するのは難しいですが、現職を続けながらであれば、毎月収入が入ってくるため、生活が苦しくなることは基本的にありません。

時間をかけて転職先を選ぶことができる

働きながら転職活動を行うメリットとしては、じっくり時間をかけて転職先を選ぶことができるという点も挙げられます。

完全に退職した後、一から転職活動を始めるという場合、金銭的な不安、前職からのブランクが長くなる不安を抱えたままのスタートとなります。

このような状況だと、どうしても焦りが生まれたり、判断力が低下したりすることにより、転職先を妥協してしまう可能性があります。

また、転職先とのミスマッチも起こりやすくなるため、少しでも精神的な余裕を持つためにも、現職で収入を得ながら転職活動を行うことが大切です。

職歴のブランクがなくなる

職歴のブランクがなくなるということも、働きながら転職活動を進めるメリットの1つです。

先ほど少し触れましたが、退職後に転職活動をスタートさせると、次の勤務先が決まるまでの間、どうしても無職の時期が生まれます。

また、企業によっては、ブランク期間がある応募者に対し、「採用してもすぐに辞めてしまうかも」と懸念されることが考えられます。

特に、第二新卒や若手の方は、ブランク期間があることにより、「働く意欲が薄いのではないか」と評価されやすいため、時間や体力面で大変な部分はあるものの、働きながら転職するのがおすすめです。

まとめ

ここまで、働きながら転職活動を進めるメリットについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

金銭面や精神面など、働きながら行う転職活動にはさまざまなメリットがあります。

ただし、働きながらのため、当然スケジュールは確保しにくいですし、体力的に辛い部分もあります。

また、すぐに転職できないことが選考で不利に働く場合もあるため、こちらはあらかじめ留意しておいてください。

The following two tabs change content below.
株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

青山学院大学経済学部卒業後、株式会社キャリアデザインセンターに入社。IT業界、コンサルティングファーム、重機メーカー、飲食業界など、大手上場企業から中小ベンチャーまで200社以上の中途採用に携わる。その後、大手ITサービス企業の人事として年間数百名規模の人材採用に従事。2015年株式会社STORIO設立。キャリアコンサルタントとして転職支援を行うとともに、人事領域のプロフェッショナルとして人材採用支援、組織開発などのコンサルティングも行う。