PaceBox(ペースボックス)の評判や口コミ|登録前にチェック!

[アフィリエイト広告を掲載]

「自分のペースで転職活動がしたいけど、プロの力も借りたい」「企業の紹介がしつこく送られてくるのが嫌」
そんな方におすすめなのが、オファー型の転職プラットフォームPaceBox(ペースボックス)です。

この記事では、PaceBox(ペースボックス)の特徴や評判・口コミをご紹介します。

PaceBox(ペースボックス)の基本情報

会社名 株式会社pacebox
代表者 代表取締役 秋澤大樹
設立日 2022年4月1日
資本金 10,000千円
所在地 〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島5-11-8
セントアネックスビル3階
事業内容 PaceBoxの運営

株式会社paceboxは、「働きがいと経済成長の両立」を実現するための人材プラットフォームをつくるために設立された会社です。

求職者が自分のペースで長期的なキャリアを実現すると同時に、企業が成長に貢献する人材獲得のための仕組みをつくっています。

そんな同社が運営する「PaceBox」は、企業から直接オファーが届く転職プラットフォームです。

PaceBox(ペースボックス)の特徴やメリット5つ

①担当のキャリアアドバイザーがつく

PaceBoxは一般的な転職エージェントとは異なり、企業から直接オファーが届くシステムですが、担当のキャリアアドバイザーがつくというメリットがあります。

キャリアアドバイザーは、求職者との面談をもとに客観的なPR文を作成し、企業にアピールしてくれる心強い存在です。
ご希望の場合はオンライン面談も可能です。

転職活動において、とくに若い層はPRできる内容が薄く、何をアピールすれば良いかわからない場合もあるでしょう。
とはいえ、履歴書や職務履歴書の段階で企業にアピールできなければ、オファーは届きません。

そのため、経験豊富なキャリアアドバイザーによる分析力がきっと役に立つでしょう。

画像のように、担当のキャリアアドバイザーが企業へ向けて求職者をプッシュします。

②一方的に転職先を紹介されることはない

一般的な転職エージェントでは、登録するとメールや電話で次々と転職先を紹介されたり、転職を急かされたりするケースがあります。
これが理由で、転職エージェントを利用したくないという方もいらっしゃるでしょう。

そこでおすすめなのが、求職者のペースを重視しているPaceBoxです。
転職エージェントのようにキャリアアドバイザーにノルマが課されていないため、「早く転職させよう」と急かしてくる心配はありません

営業の電話などもなく、求職者のペースに合わせたサポートを行なっています。
プロに頼りたいけれど、急かされたくないという方におすすめできるサービスです。

③条件に合ったオファーだけが届く

業界や職種、希望の年収など、外せない条件を細かく設定できるため、条件に合ったオファーだけが届くのもメリットの一つです。

条件を提示しているのに、希望とはかけ離れたオファーが届くとがっかりしますよね。
譲れない条件を妥協してしまうと、転職後に後悔する可能性もあります。

とはいえ、あまりにも条件を絞りすぎるとオファーが届かないことも考えられます。
その場合は条件を見直して再度待ってみると良いでしょう。

④転職先での定着率や活躍できるかを重視している

転職後に、「やっぱり合わなかった…」とすぐに再転職することになってしまうと、キャリアに傷がつくことになります。
また、転職先で活躍し、充実した日々を送ることも転職活動の大切な目的です。

PaceBoxでは、転職後の定着率や活躍できるかどうかを重視しているため、信頼性のあるマッチングを実現しています。
ただ転職させれば良いという考えではなく、求職者や企業のために、長い目で見たサポートを行なっているのが特徴です。

⑤親会社が新卒向けのサイトを運営している

株式会社paceboxの親会社である株式会社i-prugは、新卒向けのオファー型就活サイト「OfferBox」を運営しています。
親会社が提供しているサービスから得たノウハウを活かし、PaceBoxでも質の高いサービスを提供しているのです。

大手の転職エージェントより知名度が低いものの、自分のペースで急かされずに転職活動ができるシステムは求職者のニーズを押さえているため、今後広まっていくでしょう。

PaceBox(ペースボックス)の評判・口コミ

良い口コミ

がつがつ企業の紹介を受けるのではなく、オンラインでキャリアアドバイザーに気軽に相談して、オファーを待てる。
ありそうでなかった転職サポートサービスです。個人的にはPaceBoxがおすすめ。
引用:Twitter

これまでの経験からアピールポイントになる所、ならない所を速やかに判断してくれ、表現方法や言い回しをその都度修正してくれます。
その結果、大手からスカウトも頂けており、この世に必要とされている事を改めて実感できました。
引用:Twitter

オンラインでの面談で、自宅で気軽に受けられたところがよかったです。
また、ざっくりした相談にも関わらず、どう進めていくと良いのかを明確にできた点もよかったです。
また何かあったらご相談させていただきたいです。
引用:Twitter

昼休みにPaceBoxのアドバイザーと電話面談。
・転職エージェントと違い求人の紹介はしない
・この面談で求職者の人となりをヒアリングして企業向けにPR文を作ってくれる
今回の転職においての相談役って感じでした。とりあえず私のPR文がどんなものになるか楽しみです。
引用:Twitter

悪い口コミ

ペースボックスって求人数がまだ少ないけど、これから転職活動では重宝しそう
引用:Twitter

キャリアアドバイザーの質の高さには定評がありますが、求人数が少ないという声がみられました。
サービスの知名度が上がっていくにつれ、今後増えていくでしょう。

PaceBox(ペースボックス)はこんな人におすすめ!

PaceBoxは下記のような方におすすめです。

PaceBoxがおすすめの人

  • 初めての転職活動をプロにサポートしてもらいたい
  • 良い条件の企業があれば転職したい
  • スキルや経験に自信がない
  • 何をアピールすればいいかわからない
  • どんな仕事が合うのかわからない

PaceBoxのキャリアアドバイザーは、キャリア形成に関する相談だけでなく、求職者を客観的に分析したPR文の作成も行なっています
初めての転職活動で不安な方や、自分の強みがわからないという方にぜひ活用してほしいサービスです。

相談は無料でできるので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

PaceBox(ペースボックス)に関するよくあるご質問

今すぐ転職しない場合でも登録できる?

今すぐ転職しない場合でも利用できます。

細かく条件を設定できるため、どのようなオファーが届くかによって自身の市場価値を確かめることができます。
キャリアアドバイザーに無料で相談できるため、キャリア設計などで迷っている方もぜひご利用ください。

オファーを受けやすくするには?

企業からより多くのオファーを受けるには、プロフィールの内容を充実させることが大切です。

PaceBoxではキャリアアドバイザーによる客観的なPR文の作成も行なっています。
ログイン後、「キャリア相談にて」お問合せください。

気になる企業に自分からアプローチできる?

求職者から企業に応募することはできませんが、「気になる」機能を使うことで企業側に認知してもらうことができます。
その際にプロフィールを見てもらえる可能性もあるため、内容を充実させておきましょう。

PaceBox(ペースボックス)への登録は簡単な3ステップ!

PaceBoxへの登録は、下記の3ステップで完了します。

  1. 「名前」「メールアドレス」「パスワード」を登録する
  2. プロフィールや希望条件を入力する
  3. 企業からのオファーを待つ

プロフィールや希望条件の入力は、登録後でも可能です。
内容を充実させておくことで企業からのオファーが届きやすくなります。

より理想に近いオファーを受け取るためにも、外せない条件を設定しておきましょう。

まとめ

PaceBoxの特徴や評判・口コミをご紹介しました。

一般的な転職エージェントと異なり、PaceBoxでは求職者のペースに合わせたサポートを行なっています。
しつこい連絡や急かされることが苦手な方にとっては、ストレスなく利用できるサービスです。

ただし、新しいサービスということもあり、まだ求人数は少なめです。
他の転職エージェントと併用するなどし、より理想に近い転職先を探してみてください!

併用すべき!おすすめの転職エージェント3選

1位:doda

doda

30代で転職活動を行うのなら、dodaを利用するのも効果的です。
dodaは20代のような若手よりも、30代〜40代のミドル層の求人に強みがある転職サイト・転職エージェントです。

dodaの特徴

  • 20万件以上(※2023年3月時点、非公開求人を含む)
  • 良質な非公開求人がある
  • 転職サイト・エージェントどちらの機能も利用できる
  • 企業からスカウトメールが来る
  • レジュメビルダーで簡単に書類を作成できる

これまでに2万人以上の求職者がdodaを利用することで年収UPを実現しており、キャリアアップを狙う30代の方から強い支持を得ています。
リクルートエージェントと並ぶ大手転職サイト・転職エージェントであり、経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

最大の特徴は、キャリアカウンセリングに徹底して力を入れていることです。
転職の前に「自分が本当に大事にしている価値観は何か?」「自分が一番もやもやしていることは何か?」といった曖昧な点を明確にしてくれます。

その結果、自分が本当に希望する仕事のイメージが明確になり、あとあとミスマッチが発生することを防げます。
総じて、優良な転職サイト・転職エージェントなので、30代で転職をするならぜひ利用しておきたいところです。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

20万件以上(※2023年3月時点、非公開求人を含む)の豊富な求人数に加え、エージェント分業制による効率的な求人情報の提案により
スピード感のある転職活動ができ、転職成功につながっているようですね。

また、年収UPの転職成功例も多いようで、その点からもキャリアアップを狙う30代からの強い支持を得ているようです。

dodaの評判や口コミ|登録前にチェック!

2023年8月19日

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

30代が転職を成功させたいのなら、まずはリクルートエージェントをおすすめします。

リクルートエージェントの特徴

  • 人材業界の最大手であるリクルートが運営
  • 転職支援実績No.1
  • 非公開の求人が豊富
  • 幅広い業種に対応
  • 面接対策やレジュメ添削などのサポートが充実
  • 転職成功者の6割以上が年収アップを実現

この年代の人達は経験やスキルは豊富であるにも関わらず、転職市場の知識・試験対策の準備が不足していて痛い目を見ることが少なくありません。
つまり、転職を成功させるためには、豊富な実績に基づく徹底的なサポートが必要なのです。

転職支援実績No.1のリクルートエージェントには優秀なキャリアアドバイザーが在籍しているため安心です。
また、保有している求人数も業界トップクラスであるため、利用することでキャリアの選択肢が間違いなく増えるでしょう。

リクルートエージェントなら正しい転職のやり方の下、満足のいく転職活動を行うことができるでしょう。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

30代の転職でも業界最大手のリクルートエージェントが1位ですね。
業界最大手の強みを活かした求人の量と質に定評があるようです。

ご自身の経験やスキルが「転職市場でどのくらいの価値があるか」を客観的に把握するための情報収集として、
業界最大手のリクルートエージェントに登録してみるという人も多そうですね。

3位:アデコ(Adecco)のLHH転職エージェント

アデコ(Adecco)のLHH転職エージェントの特徴

  • 世界で知名度のあるアデコ(Adecco)グループが運営している
  • 外資系企業、グローバル企業、国内の大手企業の求人に強みがある
  • 求人の質の高さに定評あり
  • 非公開案件の紹介あり
  • 専任キャリアアドバイザーが法人営業を兼任しているためミスマッチが少ない
  • すべての面談希望者を受け入れる

「LHH転職エージェント」は、スイスに本社があるアデコが運営してます。

日本では転職サービスだけでなく、派遣サービスやアウトソーシングサービスを幅広く展開しています。

大手リクルートのような求人数はありませんが、求人の質の高さには定評があるので要チェックです!

特に外資系企業、グローバル企業、国内大手企業の優良な案件も多く保有しており、キャリア転職に向いています。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

「LHH転職エージェント」の特徴は、専任キャリアアドバイザーと企業担当者は兼任していることです。
キャリアアドバイザーは転職希望者と企業担当者の両方とカウンセリングを行うため、ミスマッチが起こりにくい点が嬉しいポイント!

ほとんどの転職エージェントは分担性になっているので兼任しているのは珍しく、良い案件が見つかりやすくなっています。

また、「LHH転職エージェント」はすべての転職希望者と面談を行っているので良心的です。

 

The following two tabs change content below.
株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

青山学院大学経済学部卒業後、株式会社キャリアデザインセンターに入社。IT業界、コンサルティングファーム、重機メーカー、飲食業界など、大手上場企業から中小ベンチャーまで200社以上の中途採用に携わる。その後、大手ITサービス企業の人事として年間数百名規模の人材採用に従事。2015年株式会社STORIO設立。キャリアコンサルタントとして転職支援を行うとともに、人事領域のプロフェッショナルとして人材採用支援、組織開発などのコンサルティングも行う。