転職活動の際に着用するスーツのポイント~男性編~

[PR]

転職活動を行う際には、基本的にスーツを着用します。

企業の中には、「自由な服装で来てください」というところもありますが、スーツを選んで印象が悪くなるということは、基本的にはありません。

今回は、転職活動の際に着用する男性用スーツのポイントについて解説したいと思います。

スーツのデザインや色について

転職活動の際に着用するスーツは、基本的にはリクルートスーツではなくビジネススーツです。

また、デザインについては、流行に左右されないオーソドックスなもので、色はブラックやネイビー、暗めのグレーといった落ち着いた色がおすすめです。

秋冬に関しては、ブラウン系のスーツも季節感があるためおすすめです。

ちなみに、柄は無地が基本ですが、ストライプなど柄が入っているものでも構いません。

ただし、ブラックのスーツの場合はブラックのストライプなど、柄はあくまで同系色の目立ちにくいものにしましょう。

スーツのサイズについて

転職活動の際に着用するスーツでは、サイズもしっかりチェックしなければいけません。

面接という短い時間で好印象を残すためにも、サイズはきちんとした見た目に見えるジャストサイズがおすすめです。

大きすぎたり、小さすぎたりすると、だらしない印象を持たれてしまう可能性があります。

また、ジャストサイズとは、具体的には以下のポイントをすべて押さえていることを指しています。

・肩:軽くつまめる程度
・ウエスト(ジャケット):ボタンを留めてシワが出ない
・着丈:お尻が隠れる程度
・袖:シャツが1.0~1.5cm見える程度
・ウエスト(パンツ):手のひら一枚分のゆとりがある
・太腿:ひとつまみできるゆとりがある
・裾:足の甲に軽く乗る程度

小物について

転職活動の際は、スーツだけでなくそれと合わせる小物にも気を遣うべきです。

シャツに関しては、白色かサックスブルーの無地が良く、ネクタイはブルー系やグレー系など定番の色がおすすめです。

また、靴は黒か茶の革製で、甲に一本線のあるストレートチップが無難です。

その他、ベルトは革の方が見栄えが良く、バックはダークカラーで自立するブリーフケース、靴下はブラックやダークネイビーで、すねの中間まで長さのあるものが良いです。

まとめ

ここまで、転職活動の際に男性が着用するスーツのポイントについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

転職先が決まるかどうかは、スーツ選びだけで決定するわけではありません。

それでも、採用担当者の第一印象を良くすることは大切であり、自信を持って転職活動を進めるためにも、スーツ選びには時間を惜しまないようにしてください。

The following two tabs change content below.
株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

青山学院大学経済学部卒業後、株式会社キャリアデザインセンターに入社。IT業界、コンサルティングファーム、重機メーカー、飲食業界など、大手上場企業から中小ベンチャーまで200社以上の中途採用に携わる。その後、大手ITサービス企業の人事として年間数百名規模の人材採用に従事。2015年株式会社STORIO設立。キャリアコンサルタントとして転職支援を行うとともに、人事領域のプロフェッショナルとして人材採用支援、組織開発などのコンサルティングも行う。